【ハイパフォーマンス】競技を楽しむことが”最強”な3つの理由【ゾーンへの第一歩】

モチベーション

あなたが自分の競技に打ち込む時、どんなことを考えながらプレーしているでしょうか?

今回は「競技を楽しむことが”最強”な3つの理由」についてお伝えしていきます!

この記事はこんな方にオススメ!
・最近競技を楽しめてないなぁ…
・もっとパフォーマンスを高くしたい!

長い期間同じ競技に取り組んでいると、結果が振るわなかったり、思った通りにいかなかったりすることがあると思います。

そんな時こそ、「楽しむ」という感情をうまく使うことが自分のパフォーマンスを成長させることにつながるかも知れません。

それでは、どうぞ!

そもそも競技を楽しむとは?

「楽しむ」ってなに?

「楽しむ」という言葉の意味を検索してみると、以下のような説明があります。

楽しむ…
 .満ち足りていることを実感して愉快な気持ちになる。
 .好きなことをして満足を感じる。
 .先のことに期待をかけ、そうなることを心待ちにする。
(goo辞書より)

日々こんな気持ちを感じながらプレーできていたら最高ですね^^

競技が楽しいのはどんな時?

では、自分の競技をプレーしていて「楽しい」と感じるのはどんなことでしょうか?

・成長を感じた時
・思い通りにプレーできた時
・勝った時
・仲間とプレーできること
…etc

様々な瞬間や出来事があると思います。

どんなことに楽しいと感じるかは人ぞれぞれ違います。

このブログを読んでいるアスリートの皆さんの競技や状況によっても変わって当然です。

ぜひ自分の心に問いかけてみてください。

紙などに書き起こしてみるのもいいかもしれませんよ^^

楽しむことが”最強”な理由

理由その1:モチベーションが湧く

楽しいという感情は人にとって「快」の感情の一つです。

動物の脳には快感情には近づいていこうとする接近回路というものが存在するようです。

この構造があるおかげで楽しいという感情を想像するだけで人は行動に移しやすくなります。

・今日の練習ではどんなことにチャレンジしよう!
・試合に勝ってみんなで笑顔で祝いたい!

例えば、そんな風に考えるだけで気持ちが上向くのを感じませんか?

頭の中でイメージを膨らませることで気分を上手にコントロールすることができるというのは、メンタルをコントロールする上で立派なスキルの一つです。

理由その2:成長の効率がいい

”好きこそものの上手なれ”

そんな言葉を聞いたことがある人もいると思います。

一つ前の項目で、楽しいことを想像するだけでモチベーションが湧くと書きました。

このワクワクしてくるような気持ちがまさに、楽しもうという気持ちだったりしますが、この時頭の中にはドーパミンという脳内物質が放出されています。

実はこのドーパミンは脳の新しい繋がりを作ることにも貢献しています。

つまり、ワクワクすることそれ自体が新しいことを学習することと同時に行われるということです。

好きな競技にとことんハマって、日々の練習から学べることが増えていったらどんな素晴らしいことが待っているでしょうか?

理由その3:高いパフォーマンスを発揮できる

極限まで集中し、その瞬間のプレーに没頭する「ゾーン」という感覚。

スポーツのシーンを中心に広がるこの単語ですが、最近では漫画やアニメなどでも取り上げられるようになってきましたね。(『黒子のバスケ』や『ベイビーステップ』など)

このゾーンという現象が起きる時はプレッシャーがかかる場面でも集中が途切れず、プレーしていることに強い喜びや充実を感じます。

まさに、我を忘れるほどに楽しむという感覚。

極限まで高いパフォーマンスを発揮できるのは、トップアスリートにも稀だと言います。

我々は日常レベルでも気がついたらあっという間に時間が過ぎていたりといったことがありますよね。

最初から高いレベルのものを求めるのではなく、目の前のものを精一杯楽しもうと思えば大丈夫。

「気がついたら集中してプレーができていた」

それくらいがいいのです。

競技を楽しめない時は…?

競技を楽しめない選手

選手の悩みを聞いていて、なかなか楽しめないという選手が時折います。

その人が置かれた状況にもよりますが、あえて特徴を挙げるなら「真面目で頑張り屋さん」が多いです。

もっと練習しないと…

もっと頑張らないと…

そういった思いは大事だとは思いますが、強すぎるが故に周りを見る余裕を失ってしまっていることが多いような気がします。

もしそういう自分に気がついたら、一旦立ち止まって肩の力を抜いてみましょう。
早く進むことばかりが成長ではないということを覚えておくと良いと思います。

自分の原点に立ち返ろう

自分がやっている競技の楽しさってなんだろう?

もしそんな風に疑問に思ってしまった時は、自分が今の競技を始めた時のことを思い出すことが有効かもしれません。

全員がそうだとはもちろんいいませんが、多くの人が今やっている競技が楽しくて仕方がなかった頃があるのではないでしょうか。

そういった原点というのは、自分が楽しさや喜びを感じるうえで重要なヒントを与えてくれます。

自分は5歳ぐらいで初めてサッカーボールに触ったのですが、サンダルで蹴っていたので爪が割れて血まみれに…それに気がつかないくらい夢中になっていたことを覚えています^^

あなたが競技を始めたきっかけはなんでしたか?
その時どんな気持ちを感じていたでしょうか

まとめ:「楽しむ」ことのメリットを理解する。

元オリンピック陸上選手の為末大さんは自身のツイッターでこのような言葉を残しています。

普段から競技を頑張っているアスリートだからこそ、その先の”夢中”という領域にどうやって行くかというのはパフォーマンスを高める上でも非常に重要になります。

そのためには

・スポーツの大切な要素の一つである「楽しむ」という感情のメリットを理解すること。
・日々の練習の中で試行錯誤を続け「楽しむ」ためのスキルを伸ばしていくこと。

この二つが大事になります。

さてあなたの競技生活では、どんな風に楽しむことができるでしょうか?

このブログを読んで「楽しむ」ことのメリットを理解できたら、ぜひ日常の中で小さな変化を起こすところから始めてみてくださいね!

まとめ:「楽しむ」ことの3つのメリット!
・モチベーションが湧く
・成長の速度が上がる
・高いパフォーマンスを期待できる

コメント

タイトルとURLをコピーしました