コラム

【コラム】すぐに結果ばかりを求めてしまうことのデメリット。”スローな競技経験”の重要性。

こんにちは!
スポーツメンタルコーチ橋本です。

突然ですが皆さんはUber Eatsを
使ったことがあるでしょうか?

スマホでメニューから選ぶと
20分もしないうちに自宅に届きます。
なかなか外を出歩けないときなど、
家に直接食事を届けてくれるというのは、
本当にありがたいですよね。

今では落ち着きましたが、
コロナで緊急事態宣言が出た時には
本当にお世話になりました。
配達員さんに心から感謝ですね。

しかし、便利なことも
いいことばかりではないですね。
料金が通常よりも割高なこともあって、
頼むものはどうしても
元の値段が安いファストフードばかり。

現役時代の延長線上で気にかけていた
食習慣が一気に崩壊してしまいました。
当時は集中も続かなくなったり、
イライラを感じることが増えましたし、
あと、単純に脂肪がついたりも。

手軽に欲望が満たされるという体験は、
それまでに培ってきた習慣やバランスを
変えてしまう力があるのかもしれません。

美味しいから罪深いですよね。

画像2

手軽に満足できる体験の罠


ただ、そんな時に同時に感じたことがあります。
「食生活に限ったことではないかもしれない」
ということです。

例えば、”依存症”とよばれるもの。
具体的にはお酒やタバコやギャンブルなどなど…
やはり過度になってしまうと
健康を害してしまいます。

心と体はつながっているので、
体の調子が悪ければ必然的に
心の調子も悪くなります。

心から体へという影響ももちろんあります。
不安やストレスから目を背けるために、
一時的な欲求の満足で解消しようとする。

しかし根本は解決されていないために、
また同じ状況に陥る。

また目を背けようとして、
同じことを繰り返す。

そうやってやがて身も心も
ボロボロになってしまうのです。

良い結果ばかりをすぐに出そうとする

競技活動においても似たような
構造を感じることがあります。

具体例を挙げるならば、
「指導者の怒り」によって
モチベートされている選手。

必要以上に不安を抱えた選手が、
必要以上の練習をこなすことで、
その指導者から認められる。

しかしその結果として
オーバートレーニングになったり、
怪我を抱えてしまったりする。
これではプレー自体ができなくなってしまいます。

他にも、プロとして結果を出さなければいけない
という焦りから、
新しい技術や環境ばかりに目を向け、
今の自分の長所や短所を
きちんと把握できなくなってしまう。

そんなケースにも出会ったこともあります。

今いる場所が正確でなければ、
目指す目的地にもズレが生じるのは
想像に難くありません。

不安や焦りの中で、
目先の結果や評価(それが大事な時ももちろんあるが)
にばかり目が行くと、
長い目で見た時に色々なものを損なってしまう。

目の前にある刺激に反応するだけの毎日が、
思い描いた未来を作るかといえば
そうではないのです。

選手のメンタルにとって必要な体験とは

「選手のメンタルにとって重要な体験とは何か」

そんな風に考えていてふと頭をよぎったのは
”スローな競技体験”というワードです。
ファストフードばかり食べていたから
思いついたことを考えると皮肉ですが…

何か行動を起こした時に
すぐに結果につながったり、
早く変化しようとする体験を
”ファストな競技体験”とするならば、
じっくりと少しずつ技術を醸成させていったり、
じわじわと湧き上がる競技への気持ちは、
”スローな競技体験”といえるでしょう。

スローな競技体験で重要とされるものについては、
他にも以下のようなものが考えられます。

・競技することの喜びや感謝
・失敗経験から学び乗り越えること
・心技体の醸成
・自分をコントロール力を伸ばすこと
・自分自身とのコミュニケーション
・他者とのコミュニケーション
・競技を通した他者への貢献
・自分の競技とは一見関係のない
 領域の体験
…etc

メンタルの成長とは、
個人の中にしかない価値観や
世界観を広げていくことです。

それは、
今この瞬間に目の前にあるたったひとつの体験と

その体験をしている自分自身のやりとりを通じて
じっくり向き合うことでゆっくりと

広がっていくものだと思います。

その過程は植物の成長に似ていると感じます。
花や実をつける前には、
根や幹の成長が不可欠です。

画像1

”スローな競技体験”の先にあるもの

スポーツの華やかな側面を陽とするなら、
スローな競技体験とは
「毎日の地味なことを大切する」という
陰の部分にあたるかもしれません。

文字通り、目に見えにくいものや、
本人以外にはわからないような内面の部分。

そんな自分の中にあるものと腰を据えて向き合い
じっくりと着実に成長させていくことが
どんなに豊かな経験でしょうか。

より大きくより速い変化を求められる社会に
なってしまっていますが、
それに流されるだけだと圧迫感があります。

その逆の発想を持って
バランスを保っておくことは、
自分のメンタルを調整する
ひとつの方法なのかもしれません。

私はこの”スローな競技体験”を
メンタルコーチングを通して選手に
体験してほしいと感じます。

人生のための競技人生に。

-コラム